加齢黄斑変性症はどうすれば防げる?

日本で加齢黄斑変性症の発症が増えています

加齢黄斑変性症とは、網膜の中心部分に当たる組織”黄斑”が病変する状態です。黄斑が病変すると、視界が歪む症状が現れ始めます。

2007年頃から日本でも増え始め、今では、日本人の失明原因のトップ3に入る程の眼病となっています。

自覚症状は、以下のように現れます。

【正常に見えている状態】

【黄斑変性症の視界】

一見すると何も変化していないように見えますが、視界の中心がぼやける事で、視野障害が引き起こされます。最初は若干の変化で気づかない事もある為、十分に注意しなくてはなりません。

「目の疲れが酷くなっているだけ」と勘違いしないようにしなくてはなりません。

加齢と関係の深い黄斑症

黄斑部(網膜)が変性してしまう病気を総称して黄斑症と呼び、その中でも加齢に伴って発症割合が高くなる黄斑症を加齢黄斑変性症と呼ばれます。

また、病気発症年齢の若年化も心配されています。本来は加齢に伴い50歳代以降の発症率が高い病気とされてきましたが、近年、病気の若年齢化が進み、30代や40代などの比較的若い世代での病気の発症割合が増えていて問題となっています。

加齢黄斑変性症の原因。

それは、網膜の下にある脈絡膜に新生血管や血漿が溜まる事で、本来は、楕円形にくぼんでいるはずの黄斑が押し上げられてしまうので、視野が侵されたり、症状が進行すると視界に暗点が見えたり、さらに症状が悪化する事で失明へ至るというものです。

簡単に考えると、黄斑組織の下(厳密には外側)で内出血が引き起こされるような状態です。

日本人に発症することの多い加齢黄斑変性症は、新生血管が関係している事から、ウェットタイプ(滲出型)と呼ばれています。ドライタイプと比較して症状の進行速度が早いこと、また、治療によるリスクも問題です。

新生血管が原因の黄斑症なので「新生血管黄斑症」とも呼ばれています。当サイトでは、加齢黄斑変性症で統一したいと思います。

黄斑症の種類とタイプの違い

日本人と欧米人を比較すると、発症する加齢黄斑変性症の種類が異なります。


  • 黄斑症
    • 新生血管黄斑症
      • 加齢黄斑変性症 (ウェットタイプ・50歳以上で発症・日本人に多い)
      • 特発性新生血管黄斑症 (若年で原因がはっきりわからない黄斑症)
    • 遺伝的要因が関係しているもの
      • 加齢黄斑変性症 (ドライタイプ・進行は緩やか・欧米人に多い)

遺伝的に発症している場合は、新生血管の発生が関係していない事があります。特に、この症状は欧米人に多く、進行は緩やかです。

ですが、ドライタイプからウェットタイプに変わる場合もあるようです。注意が必要ですね。

ドライタイプは、硝子体の収縮が関係している為、ウェットタイプとは異なり、黄斑上膜や網膜裂孔を引き起こす心配もあります。

一概に加齢黄斑変性症と言っても、関わりあるいくつかの眼病の存在にも注意しなくてはならないのです。

黄斑が変性する原因

加齢黄斑変性症の原因。つまり、新生血管の発生には、活性酸素の影響が大きいとされていますが、具体的なメカニズムは、網膜に含まれる脂質が活性酸素によって酸化されて過酸化脂質となり、その悪影響によって新生血管が発生し、黄斑が変性するという意見が有力視されています。

病気出現後に何も対策していなければ、原因となる活性酸素の発生を抑えることもできず、また、取り除く事もできません。

日常生活の積み重ねも病気の発症に影響している事が考えられます。

治療方法について

加齢黄斑変性症は、複数の治療方法があります。今では、光線力学的療法抗VEGF薬の投与により、正常な細胞に影響せず新生血管の発生を抑制する方法も確立しています。

これらの治療方法は、厚生労働省でも認可されています。

しかし、どちらも進行を食い止めるだけであり、継続的に治療しなくてはならない事、その治療に伴うリスクは残ります。

民間療法としてルテインが有効とされています

光線力学的療法や抗VEGF薬の投与では、進行を食い止めるだけですが、改善できる可能性のある成分もわかっています。それが、ルテインです。

1980年代の段階で、既にルテイン服用によって症状が改善したという報告もあります。ルテインは、網膜に既存する成分で網膜を有害な光線のダメージから保護する役割を担っています。また、黄斑には特に集中していて、ルテインの代謝物であるゼアキサンチンも存在しています。

ゼアキサンチンは、ルテインがより強化された成分と捉えておくとわかりやすいです。

実際に、眼科クリニックでもルテインを活用して症状の進行が食い止められただけではなく、改善にも効果的だという十分な臨床結果が出ているほどです。そうした書物も存在しています。

医学的な根治と言えば、体内から異物が完全に取り除かれる事ですが、眼の網膜は切除するわけには行きません。そもそもの原因が体内環境と深い関係があるので、網膜の治癒力を高める為にも栄養摂取は欠かせません。中でもルテインは確かな実績のある栄養成分です。

そんなルテインを摂取するには、サプリメントが最適な方法です。
緑黄色野菜にも含まれている色素成分ですが、毎日、十分な供給量を維持するには、やはり野菜類では足りないと思われます。

今後への予防や改善の為に

既に発症している場合は、一刻も早く眼科で状態を確認しておく必要が有ります。状況に応じて、治療の決断をしなくてはならないかもしれません。

また、今現在は、そうした症状や兆候が無くとも、今後の事を考えて予防対策を検討している場合も含め日本人に増えている加齢黄斑変性症がどのようなものかを知り、どのような改善方法が有るのかを知る為の参考情報となればと思います。