抗VEGF療法とは

新生血管の発生原因に働きかける抗VEGF療法

新生血管は、発生を促す信号をきっかけに作り出されるというメカニズムがあるようです。

抗VEGF(血管内増殖因子)薬とは、その新生血管を作り出す信号の働きを抑制するもので、抗VEGF薬の投与によって、新たに新生血管が作り出されるをの予防する為の薬です。

治療方法は、眼の強膜から硝子体内に薬剤を注射します。

抗VEGF療法や光線力学的療法(PDT)が利用される前までは、熱性レーザーによる光凝固手術が主流でしたが、新生血管の発生を出来なくするのと引き替えに、その周辺にある網膜組織も焼き切るというリスクが有りました。

抗VEGF療法は、新生血管の発生原因にのみ働きかける事が出来るので、治療後の不便さを軽減することができます。

現代の加齢黄斑変性症の代表的な治療方法である抗VEGF療法や光線力学的療法(PDT)なら暗点が出来ても最小限に留める事が可能です。

ただし、失明リスクを下げられる見込みは有っても、視野の一部欠損する恐れや定期的にな治療と経過観察が必要となります。

継続的治療に注射が伴うという事は、眼球内で炎症を引き起こすリスクがある事も忘れてはなりません。

根治ではなく、一時的な症状改善。これをどのように捉えるかによって、治療の手段として受け入れるべきか検討しましょう。今後も研究が進み、より根治に近い形の治療方法も期待されますが、それには、まだまだ時間がかかりそうです。

新生血管の発生を引き起こす信号を抑制出来ても、その信号がなぜ発生するのか。そこを追求すると、その原因は、生活習慣の中に隠されているかもしれません。

こうした治療方法を取り入れるとともに、そうした生活における要因にも着目する事で、改善の余地が見えてくるのかもしれません。