ルテインとは

網膜を保護する色素成分として重要

ルテインには、加齢黄斑変性症を改善する可能性が有ります。

色素成分(カロテノイド)の一つであるルテインは、網膜に含まれる事で有害光線(短波長)によるダメージを防ぐ働きや、活性酸素による悪影響を防ぐ働きがあるとされています。その必要性は、黄斑組織にあるゼアキサンチンが物語っています。

黄斑の中央部分に当たる中心窩には、ゼアキサンチンが集中しています。黄斑組織にルテイン(ゼアキサンチン)が存在する事は、黄斑がその見た目から”黄色い斑”という意味がある事からも理解いただけると思います。

  • 網膜・黄斑:ルテイン
  • 中心窩:ゼアキサンチン

尚、ゼアキサンチンは、ルテインよりも高い抗酸化力が有ります。

人は、呼吸を繰り返すだけでも活性酸素が発生します。更に眼球内では、常に光を取り入れる事でダメージを蓄積している網膜を正常に保つためにも、代謝が早く繰り返される事で活性酸素が発生しやすい組織だと言われています。

その活性酸素の発生から網膜を保護する為にルテインが必要となるのです。一方で、ルテインが不足すると目の中の活性酸素を除去しきれなくなり、細胞が攻撃され、自己防衛手段としてなぜか新生血管が発生しやすくなってしまうようです。

こうしたメカニズムからすると、ルテインによって網膜を保護し、ダメージを蓄えないことで新生血管の発生を抑制できる可能性があると理解できるのではないでしょうか。

実際に黄斑変性症を改善する為にルテインのサプリメントを用いている眼科も日本国内でも実在し、患者の承諾のもと行われた臨床試験では、新生血管が退縮して無くなってく様子が確認されています。

40歳以降では体内で作られなくなる

ルテインは、人の体内でも作り出す事が出来るようです。

しかし、ある一定の年齢を過ぎると貯蔵量を使いきってしまうと言われています。40歳を過ぎるあたりから体内でルテインの生産がストップし、その後、加齢黄斑変性症の発症率も上がっていきます。

こうして加齢黄斑変性症の発症リスクを高くしない為にも、日頃から、意識してルテインを摂取する事を心がけたいものです。

ルテインを多く含む食材は緑黄色野菜

ルテインは、緑黄色野菜に多い黄色の色素成分で、野菜の中では、ほうれん草、ブロッコリー、カラシ菜、小松菜、芽キャベツ、トウモロコシなどに豊富に含まれています。

野菜や果物に豊富に含まれている色素成分は、抗酸化力に優れた成分が豊富です。

そうした野菜に含まれている色素成分を意識的に摂取することが、加齢黄斑変性症を始めとして、眼の健康を守る事、または、体全体の健康維持にも貢献していくのです。

ルテインをサプリメントを用いて摂取する場合、マリーゴールド抽出物のサプリメントが有り、特許製法により精製されている為、品質面でも妥当な選択です。

科学的に合成されたルテインを配合しているものではなく、天然に近い状態のルテインの方が身体に有効に働き、安全性における心配も少なく済みます。

ルテインの摂取は、一日あたり6mg~12mg程度が望ましいとされています。臨床試験で有効性が確認されているのは、6mgの摂取を3ヶ月以上継続した場合なので、まずは、6mgを継続してみてはいかがでしょうか。