ルテイン高配合サプリメントの紹介

ルテイン高配合で特許製法を用いられているサプリメント

ルテインは、普段の食生活でも少なからず摂取できますが、長期的に安定した量を摂取するのは難しいかもしれません。そう実感する場合は、サプリメントを活用するのも一つの方法です。

サプリメントも多くの製品が作られていますが、中でも、特許製法「フローラグロー」を用いているものに限り紹介してみたいと思います。

ドクターズチョイス ルテイン40mg

ドクターズチョイス:ルテイン40mg

ルテインの含有量と製品の品質へのこだわりを考慮すると、ドクターズチョイスのルテイン40mgが質、量ともに優れていました。

しかも、1ボトルに2か月分含まれていてコストパフォーマンスも良好です。

  • 価格(目安):7,480円(2か月分)
  • 内容量:120粒(1ボトル)
  • 成分量:ルテイン40mg(ゼアキサンチン約2mg含む)
  • 抽出製法:フローラグロー製法(特許製法)

ドクターズチョイス製ルテイン40mgの特徴は、「フローラグロー製法」を用いる事で体内に存在するルテインと同様の成分形式で抽出されたものが含まれている点です。つまり、人の体と相性が良いルテインを摂取できるという事です。

フローラグロー製法は、アメリカに本拠地を持つケミンフーズ社の特許技術です。また、ケミンフーズ社のルテインを使用している日本国内の食品会社・製薬メーカーは、明治製菓、常盤製薬、キューピー、ファンケルなど大手が利用している高い実績があります。

ケミンフーズ社では臨床試験も行われていて、90人を対象とした試験を行った12ヵ月後には、黄斑色素の密度が平均で50%もアップしたという報告があります。

また、原材料は天然のマリーゴールドからの抽出したルテインのみをしているので、科学的に合成されたルテインと比較して安心感が違います。

ルテインサプリメントを摂取する事で黄斑色素量が増えると、黄斑の保護力・機能を高める期待が持てます。

ドクターズチョイスのルテイン40mgを使用する場合。

  • 天然成分のルテイン(マリーゴールド抽出物)
  • 人体に存在するルテインに近い状態で摂取できる
  • サプリメントによる臨床試験で効果は確認済み
  • 国内の大手メーカーも採用しているルテインを使用したサプリメント
  • 一日あたり、40mgものルテインを摂取できる
  • 1粒あたりの価格も抑えられているので継続しやすい

更に、黄斑の中央部である”中心窩”にのみ存在するゼアキサンチンが含まれています。ゼアキサンチンは、ルテインの代謝物であり、ルテインよりも更に高い抗酸化力を備えた色素成分なので、視界の中心であり最も光が集中する中心窩を保護する役割を担います。

さらに、製品の改良によって、アントシアニンを含むビルベリーエキス、抗酸化や動脈硬化に有効なビタミンEも含まれています。

また、1日分2粒から1粒に変更しても20mgのルテインが摂取可能です。1ボトルで4ヶ月分と、さらにコストパフォーマンスが優れる活用方法が可能です。

RICHルテイン

  • 価格:3,654円(30粒) | 9,387円(90粒)
  • 主要成分配合量:ルテイン25mg

網膜の機能を正常に保つには、通常6mg~12mgのルテインを摂取するのが効果的と言われています。

ルテインをサプリメントとして、毎日30mgを140日に渡って投与すると、投与開始から20日以降に網膜の色素量が増えた始めたという発表があります。

その色素こそルテインです。

RICHルテインには、一日の摂取量として十分な量のルテインが配合されていて、臨床試験で使用された30mgに近い配合量です。

RICHルテインは、正真正銘25mgのルテインが配合されているサプリメントです。成分もドクターズチョイスと同じケミンヘルス社のフローラグロー製法です。

ルテイン25mgを食材で摂る場合、ホウレン草だとサラダボール8杯分です。毎日それだけの量を食べる事を考えると、食費も嵩み、食べるのも一苦労。

その点、RICHルテインには、ルテイン以外にも、抗酸化成分のアントシアニンが豊富なカシスエキス、視神経などの神経に有効とされるDHA、そして、ビタミンEの1,000倍もの抗酸化力があると言われているアスタキサンチンを手軽に摂取可能です。


配合成分一覧RICHルテインに配合されている成分の主な働きは、以下のようになります。

  • 網膜の健康:DHA含有精製魚油、マリーゴールド色素(ルテイン・ゼアキサンチン含有)
  • 視機能の改善:ビタミンA
  • 抗酸化成分:ブドウ種子油、カシス抽出物、ビルベリー抽出物、ミツロウ、ヘマトコッカス藻色素(アスタキサンチン含有)、トマトリコピン
  • 代謝促進・疲れ解消:ビタミンB1・B6・B12

ドクターズチョイスのルテイン40mgと比較すると、目に良い成分が微量ながら豊富に配合している印象です。種類数で選ぶなら、選択肢の一つとして検討してみてはいかがでしょうか。

普段の食事を考慮して十分なバランスを

ルテインを多く含む食材として、ホウレン草とその有効性を紹介していますが、食材で摂取できるルテインの量は、サプリメントと比較しても微量です。しかも、調理により失われてしまう場合(熱損失)が大半です。

ルテインの摂取を野菜だけに頼るというのは手間もお金もかかります。現状を改善する為、または、今後の予防手段としてルテインサプリメントの活用を一つの手段として、準備しておくのも良いのではないでしょうか。